食べ過ぎにならない食べ方を工夫してみる!



ダイエットを行う中で、体重の増減を大きく左右するのは、

やはり食事がメインになるので、

日頃の食事内容や食べ方がとても大切になります。



確かに、ご飯やパン、ラーメン、そば、うどん、パスタなどの

主食とされる炭水化物をカットするなどして、

食事量を大幅に減らせば、体重はどんどん減っていきます。



ですが、このような食事制限を続けるということは

健康的ではないし、無理して続けても、ある時期から停滞期に入り、

リバウンドを招くということになります。



また、食事制限だけによる手法は、

筋肉を消費して基礎代謝量を低下させ、

太りやすい体を作ることになるのでオススメできません。



そもそも無理な食事制限は、いつまでも続けられるわけがないので、

ダイエットは、適正量の食事をコントロールすることを大前提として

“いかに消費量を高めるか”を考えることが大切です。



それでも、なんとか食事制限だけで痩せたいという場合は、

1日あたり150~200キロカロリー程度を減らすくらいにして、

長期計画で行うのが、体に負担もなくていいのではないでしょうか。



しかし、1日あたり150~200キロカロリーというのは

微妙な量だけに、それをコントロールしていくのは

簡単なことではありません。



よくカロリーコントロールするのに行われるのは、

低カロリーのダイエット食品などを置き換えるという手法ですが、

150~200キロカロリー程度なら、

次に挙げることを意識して食べ方を工夫すれば、

それくらいのカロリーセーブになると思います。



1、よく噛んで、ゆっくり食べる



ひと口、30回以上噛んでゆっくり食べることで、

消化、吸収がよくなり、

そして、脳の満腹中枢が働き、満腹感を得やすくなり、

食べ過ぎの防止になります。



2、食べる順番を考える



できるだけ、野菜や汁物を先に食べて、

次に、主食や主菜を食べるという順番を繰り返すことで、

満腹感が得られやすくなります。



また、糖質が多い食事は、血糖値が急上昇しやすく、

太る原因になりますので注意して下さい。



3、ながら食いはNG



本を読みながらやテレビを見ながらなどの“ながら食い”は、

満腹中枢が働かなくなって、つい食べ過ぎてしまいます。



実際、太っている人の多くは、よく“ながら食い”をしているようです。



その他、「夜遅くなってからの食事を控える

満腹になる手前の腹八分目を心がける

多くの砂糖が入っている清涼飲料水は控える

自分の部屋にスナック類を置かない」なども意識すれば、

食べ過ぎの防止につながります。



WS000092.JPG







もし、健康的で美しく痩せられるダイエット法をお探しなら、

多数のメディアでも紹介されている人気のビューティーケアートレーナーである

大澤美樹氏が監修した「ボディスタイルダイエット」DVDをご紹介します!



ボディスタイルダイエット」DVDの詳しい内容は

下記の公式サイトをご覧ください。